「交通事故専門弁護士」とは?


このところ、「交通事故専門弁護士」を掲げる弁護士が増えてきているようです。

確かに、弁護士がどの分野を主に手掛けるかというのは、個々の弁護士が決めるものです。

交通事故の案件を数多く取り扱っていれば、「交通事故専門弁護士」などと自称したくなる気持ちもよく分かります。

 

ただ、ここで、皆さんに知っておいてほしいことですが、日本弁護士連合会では、弁護士の広告についての規定を定めています。

その運用指針の中では、弁護士が広告の中で「専門」を名乗ることについて、専門性判断の客観性が何ら担保されないまま,その判断を個々の弁護士にゆだねるとすれば,経験及び能力を有しないまま専門家を自称するというような弊害もおこりうるとして、弁護士が勝手に専門を名乗ることについて否定的な見解が示されています。

つまり、弁護士が「交通事故専門」などと自称することは、日弁連の上記運用指針に反する行為なのです。

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では開所以来、これまで数多くの案件を手掛け、交通事故の損害賠償に関する知識や経験も習得し、案件のきちんとした解決を果たしてきています。

解決した案件数でいえば、「交通事故専門」を自称する事務所よりもむしろ多いかもしれません。

 

ただ、私は、上記のような日弁連の広告規程は遵守したいと思いますので、「交通事故専門」とは絶対に名乗らない事にしております。

私以外にも、「交通事故専門」と名乗らない弁護士で経験豊富な弁護士は、たくさんいらっしゃいます。

 

「なんとなく専門とついている方がいいから」という理由で弁護士を探そうとされている方は、

・「交通事故専門」と自称する行為は日弁連の広告規程に反する行為であること

・「交通事故専門」と名乗らない弁護士でも経験豊富な弁護士はたくさんいること

をきちんとご理解いただければと思います。

 

交通事故案件の基本的な考え方

 名古屋駅の片山総合法律事務所では、交通事故の案件について一番大事なことは、「きちんと依頼者に満足してもらえる事件処理を進めるか」という点にあると思っています。

 

交通事故の被害者の方には、色んな希望をお持ちの方がいらっしゃいます。

「裁判を起こして徹底的に争ってほしい」とお考えの方もいらっしゃれば、「裁判までは起こしたくないので、早めに解決したい」とお考えの方もいらっしゃいます。

 

このため、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、「裁判が原則」などという一律の方針は掲げておりません。

依頼者の方からじっくりとお話を伺って、どのような解決方法がベストなのかをご提案・協議し、解決方針を決めていくことにしているのです。

 

実際、裁判をしたくないのに「裁判を起こしましょう」と弁護士から言われたら、断ることが出来ない人がほとんどだと思います。

弁護士として依頼者の方に変なプレッシャーは与えたくありませんので、当事務所では、弁護士の方針を押し付けずに、依頼者の方が本当に望む形での解決を心掛けております。

 

その中で、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、交通事故示談交渉のスピード解決に力を入れています。

「裁判まで起こしたくない」とか「今の金額ではサインしたくないけどできるだけ早く解決してほしい」などというお考えをお持ちの方は、迷わず名古屋駅の弁護士・交通事故の無料相談をご利用ください。

当事務所の取り組みについて、依頼者の方からのご感想については、

交通事故お客様の声

交通事故お客様の声2

交通事故お客様の声3

をご参考にしてください。

 

「交通事故専門」を掲げる事務所には、こうした依頼者からの声があまり掲載されていないところも多いようです。

弁護士の自己満足としての「交通事故専門」よりも、依頼者の利益を第一に考えるのが当事務所の基本的な姿勢です。 

 

交通事故の案件では、「ご自身にマッチする弁護士をいかに見つけるか」がとても大事になります。

「交通事故専門」などという宣伝文句に惑わされることなく、くれぐれも焦らずに、ご自身にマッチした弁護士をお探しいただければと思います。

交通事故無料相談の予約

 名古屋駅の弁護士受付.jpg
 交通事故の被害に遭い、保険会社から金額が提示された方。

示談書にサインしてしまう前に、弁護士にご相談ください。
※現在、業務多忙のため、新規のご相談を見合わせ中です。 


名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所 

相談予約専用電話番号
052-533-3555
予約受付:平日のみ10:00〜17:00

※現在、業務多忙のため、新規のご相談を見合わせ中です。
※上記電話番号は、ご予約専用電話です。電話でのご相談は、一切受け付けておりません。
※交通事故の無料相談は、初回30分のみ。交通死亡事故または後遺障害等級がついた件のみです。
※事案の内容によっては、ご相談・ご依頼をお受けしかねますので、予めご了承ください。

 

▲このページのトップに戻る