交通事故の過失相殺と損益相殺

交通事故の賠償金を定める際、過失相殺や損益相殺という聞き慣れない言葉を、相手方損害保険会社が主張することがあります。

 

一言で言うと、どちらも交通事故の賠償金を減らす方向に働く項目です。

交通事故の過失相殺について

「過失相殺」とは、交通事故が発生したことについて被害者側にも落ち度がある場合、損害賠償額から被害者の落ち度の分だけ金額を減らすというものです。

 

青信号で横断歩道を歩行中の場合や追突事故などのケースを除き、多くの件では加害者側の保険会社がこの「過失相殺」を主張します。

 

過失割合については、どのような事故態様かということについて基本的な割合が決まり、事故の時間帯や被害者の年齢、事故発生場所の状況などにより割合を修正していくことになります。

 

事故の態様については、現場を調べた警察の「実況見分調書」などをもとに判断していきます。

ドライブレコーダーなど事故の瞬間を捉えた客観的な証拠があれば、裁判上でも重要な証拠として過失割合の判断材料となります。

交通事故の損益相殺について

「損益相殺」とは、交通事故に遭ったことについて被害者が何らかの給付を受けた場合相手方から支払ってもらう賠償額からその分を控除しようというものです。

 

損益相殺の対象となるのは、すでに被害者が受け取った自賠責からの損害賠償額や給付が確定した労災保険金などで、死亡事故の場合の生命保険金や事故によって失業した場合の失業保険などは損益相殺の対象とはなりません。


具体的にどのような項目が損益相殺の対象となり、どのような項目が損益相殺の対象とならないかについては、きちんと弁護士にご相談頂ければと思います。


交通事故無料相談の予約

 名古屋駅の弁護士受付.jpg
 交通事故の被害に遭い、保険会社から金額が提示された方。

示談書にサインしてしまう前に、弁護士にご相談ください。


名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所 

相談予約専用電話番号
052-533-3555
予約受付:平日のみ10:00〜17:00


※上記電話番号は、ご予約専用電話です。
電話でのご相談は、一切受け付けておりません。
※交通事故の無料相談は、初回30分のみ。交通死亡事故または後遺障害等級がついた件のみです。
※事案の内容によっては、ご相談・ご依頼をお受けしかねますので、予めご了承ください。

 

▲このページのトップに戻る