交通事故の損害項目


交通事故で被害にあった場合、交通事故の加害者に対して請求できるのは、以下の4つの項目です。

 

@積極損害

ケガの治療費や入通院に要した交通費、入院雑費など、交通事故にあったことにより出費をせざるを得なくなった損害のことです。

 

A消極損害

休業損害や後遺障害が残った場合の逸失利益など、交通事故にあったことにより本来得られたはずの利益が得られなくなったことによる損害のことです。

 

B慰謝料

入通院したことによる慰謝料と後遺障害等級がついた場合の後遺障害慰謝料の2つがあります。

 

C遅延損害金など

「遅延損害金」というのは、交通事故の損害賠償金には、民法上、交通事故の日から年5%の割合による遅延損害金が発生するというものです。

 

それでは、各項目ごとに詳しくご説明いたします。

交通事故・積極損害の項目

@ 治療費

入院にかかった費用、病院などへの通院にかかった費用のことです。

通常は、加害者側の損害保険会社が被害者に代わって立て替えて支払っています。

 

A 入通院交通費

病院へいく際にかかった交通費のことです。

電車の場合は実費が、車の場合は移動1キロ当たり15円が通常支払われます。

 

B 入院雑費

入院した際にかかる諸費用のことです。

保険会社の提示では1100円〜1200円程度ですが、裁判基準では、1日1400円〜1600円ほどです。

 

C 付添看護費

入院中、医師が付添看護が必要と判断した場合(証明書などが発行されます)、損害の項目として認められるものです。

また、通院についても付添費用が認められる場合もあります。

 

D 将来看護費

重い障害が残った場合、平均余命までの間認められるものです。

どのような障害が残ったのか、どのような介護がどの程度必要かなどにより金額が決まります。

 

E 装具費など

義足や車椅子などの購入費用です。

 

F その他

自宅の改造費や子どもの保育費なども認められる場合もあります。

 

G 弁護士費用

裁判にした場合、請求が認められた額の10%(高額な場合は5%)が認められます。

よく、「弁護士に支払った費用を加害者側に負担させることができる」などと勘違いしている方もいらっしゃいますが、実際に弁護士に払った金額でなく、あくまで「弁護士費用」という名目の項目ですので、お間違えにならないようにしてください。

交通事故・消極損害の項目

@休業損害

交通事故によるケガの治療のため、会社や事業を休んだ場合の損害です。

給与所得者は事故前の給与額、事業主の場合には前年の確定申告額、家事従事者(主婦)は、女子の平均賃金の額が算定の基礎の額となるのが原則です。

 

A逸失利益

後遺障害等級の認定を受け、将来の労働能力が喪失して将来の収入が減ってしまう場合、その損失分のことを「逸失利益」と言います。

等級によって、喪失率が決まっていて、定型的に判断されるのが原則です。

交通事故の慰謝料

@入通院慰謝料

入院や通院をしたことについての精神的苦痛に対する慰謝料です。

入通院の期間によって決まります。

 

A後遺障害慰謝料

こちらは、後遺障害等級の認定を受けた場合、後遺障害が残ったことについての精神的苦痛に対する慰謝料です。

後遺障害の等級の認定を受けた場合のみ、等級に応じて金額が算出されます。

 

B死亡慰謝料

交通死亡事故の被害者の方に、加害者側に対する慰謝料請求が認められます。

相続の対象となりますので、被害者の方の相続人の方から相手方に請求する形となります。

また、相続人の方固有の慰謝料が認められるケースもあります。

交通事故無料相談の予約

 名古屋駅の弁護士受付.jpg
 交通事故の被害に遭い、保険会社から金額が提示された方。

示談書にサインしてしまう前に、弁護士にご相談ください。
※現在、業務多忙のため、新規のご相談を見合わせ中です。 


名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所 

相談予約専用電話番号
052-533-3555
予約受付:平日のみ10:00〜17:00

※現在、業務多忙のため、新規のご相談を見合わせ中です。
※上記電話番号は、ご予約専用電話です。電話でのご相談は、一切受け付けておりません。
※交通事故の無料相談は、初回30分のみ。交通死亡事故または後遺障害等級がついた件のみです。
※事案の内容によっては、ご相談・ご依頼をお受けしかねますので、予めご了承ください。

 

▲このページのトップに戻る