交通事故の賠償額が提示されたら弁護士に相談!


「交通事故で提示された金額が妥当な額かわからない」

「インターネットで調べたら慰謝料の額が低すぎるようだ」 

そんなお悩みをお抱えの方。

ぜひ、一度、名古屋駅の弁護士・交通事故相談をご利用ください。

 

交通事故の無料相談では、交通事故の概要をお聞きした後、保険会社の提示した金額について、それぞれの項目について賠償金額が妥当か否かを交通事故に力を入れる弁護士が、わかりやすくご説明いたします。

 

相手方は日々多数の交通事故案件を取り扱っている大きな保険会社。 

交通事故の被害者の方が、一人で立ち向かう必要はありません。 

名古屋駅すぐの弁護士事務所での交通事故の無料相談をぜひお気軽にご利用ください。

交通事故の示談書にサインをする前に!


交通事故によるケガの治療が終わり(症状固定)、後遺障害の等級の認定がなされると、交通事故の加害者側保険会社から交通事故の損害賠償額についての書類が送られてきます。

「交通事故のことなど早く忘れたい」というお気持から、各項目の金額が妥当であるか深く検討されずに、同封されている示談書(承諾書)にサインをされる交通事故の被害者の方も多くいらっしゃると思います。

 

でも、そこで知っておいて頂きたい点があります。 

交通事故の損害賠償額の基準には、3つの基準があるんです。

@自賠責基準

A任意保険会社基準

B裁判基準

の3つです。 

金額的には、@自賠責基準が最も低く、B裁判基準が最も高く、A任意保険会社基準はその中間です。

加害者側の保険会社からの提示金額は、ほとんどの場合が@自賠責基準とA任意保険会社基準の間の金額。

交通事故の適正な賠償額である裁判基準の賠償額には、遠く及ばない金額にとどまってしまっているのです。 

特に、交通事故の後遺障害に等級が付いた方の場合や、交通死亡事故の被害者の方の場合、適正な金額との差額は大変大きくなります。

 

それでも、事故のことを忘れたいという理由で、さっさとサインして終わらしてしまって良いのでしょうか?

交通事故の被害に遭うという大変な苦痛の代償は、相手方損保の言いなりの金額で良いのでしょうか?

良いはずはありません。 

サインをする前に、一度は弁護士に加害者側の提示金額を見てもらって下さい。

もちろん、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所でも相談受付中です。

▼交通事故の加害者側の損保から提示された金額が妥当か否か▼交通事故の裁判基準の金額だとどれくらいの額が妥当なのかについて、交通事故の被害者側の損害賠償請求に精通した弁護士が、詳しく・わかりやすく説明します。 

交通事故の示談交渉スピード解決!

交通事故に強いと自称する弁護士の中には、「裁判で勝つことに自分のやりがいを感じる」などという、とても身勝手な理由で、 何でも裁判を起こすというような弁護士もいるようです。

一方で、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所のモットーは「依頼者優先主義」弁護士の考えややり方を押しつけるのでなく、依頼者の方の利益や希望、お考えにきちんと沿うような解決を目指すのが特徴です。

 

これまで交通事故の案件をご依頼された方の中にも、「裁判はちょっと・・・」であるとか、「解決までに時間がかかって長引くのは嫌だ」などととお考えの方もたくさんいらっしゃいました。

そのため、名古屋駅の片山総合法律事務所では、交通事故の示談交渉によるスピード解決特に力を入れて取り組んでおります。  

これまで交通事故の示談交渉をご依頼頂いた方々の件でも、最終的な獲得額を2倍まで引き上げて1か月足らずで解決に至ったケースなど多数のスピード解決の事例がございます。

「裁判は嫌だ。交通事故の示談交渉だけお任せしたい」。 

そんなお考えをお持ちの方は、迷わずに名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所に交通事故の示談交渉をお任せ下さい。 

圧倒的な口コミ・評判で選ぶ片山総合法律事務所

entrance3.jpg

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、開所以来、とても多くの方に交通事故の示談交渉・裁判のご依頼を頂いております。

これまで名古屋駅の片山総合法律事務所にご依頼頂き、交通事故の賠償額の増額を実現したお客様の声をご覧ください。

【交通事故・お客さまの事例1】

 ◆愛知県名古屋市在住・70代女性。交通事故により後遺障害等級10級。加害者側の保険会社の提示額:600万円

総額1300万円の支払で和解。=提示額より700万円UP。提示額の2.2倍に。 

▼お客様の声

「弁護士と耳にするだけで、敷居が高い気がして、迷っていた私ですが、思い切って尋ねて、その対応にホッとし、良き弁護士さんに会えたこと、良い結果で終わる事に感謝の気持ちでいっぱいです。

 残り少ない人生で、弁護士にかかわる事は無いかもしれませんが、再度必要な事が発生した場合は必ず扉を叩くと同時に、誰かに「弁護士は?」と聞かれれば、必ず大声で教えてあげたいと思って居ります。 ありがとうございました。」

  

【交通事故・お客さまの事例2】

◆愛知県内在住・60代女性。交通事故により後遺障害等級14級。加害者側の保険会社の提示額:約184万円

⇒総額383万円の支払で和解。=保険会社提示額の2.1倍に。 

▼お客様の声

「この度は、大変お世話になりました。今回私は自転車と車による交通事故にあい、ケガをし、現在も右肩及び左ひざの痛みに悩み、私には自転車の為保険会社がなく困っていたところ、片山弁護士先生との出会いにより、私になり代わり親切に気持ちよく対応していただきました。

 とてもお話がしやすかったことはなにもわからなかった私に不安なく相談出来ました。結果としても満足で喜んでおります。本当にありがとうございました。」 

  

【交通事故・お客さまの事例3】

◆愛知県一宮市在住・60代男性。交通事故により後遺障害等級14級。加害者側の保険会社の提示額:約160万円。

⇒交渉では、相手方損保が「主夫」としての損害を全く認めなかったため、やむなく訴訟を提起。

⇒「主夫」としての休業損害及び逸失利益を認めさせ、総額365万円の支払で和解。=提示額より00万円UP。提示額の2.2倍に。 

▼お客様の声

「保険会社からはムチ打ち14級と言われ、今後の治療と症状がどうなるか心配で、損保提示額には不満で何度も電話しましたが、取り合ってくれませんでした。

その後、インターネットで片山総合法律事務所を知り、片山木歩先生に任せることになりました。県庁に勤めていた友人も良い先生をどうやって見つけたんだと驚いていました。

 先生は、真摯に私の気持ちを受け止めてくださりました。裁判の結果の手紙を何度も下さってその結果を電話で説明してくださいました。法律に疎い私が納得する交渉をしてくださり感謝します。」 


この他、交通事故の被害者の方々からたくさんの声が寄せられています。

弁護士が自分の相談実績を自慢するのではなく、あくまでも依頼者の方々からの評価を重視するのが当事務所のスタンスです。

交通事故のお客さまの声1

交通事故のお客さまの声2

交通事故のお客さまの声3

交通事故・弁護士費用特約にも対応!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、各保険会社の弁護士費用特約にも対応しております

また、弁護士費用特約をお使いにならない場合も、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、交通事故案件について明確な弁護士費用体系を取っております。

交通事故の弁護士費用について、詳しくは、

弁護士費用のページ

をご覧ください。

交通事故無料相談の予約

 名古屋駅の弁護士受付.jpg
 交通事故の被害に遭い、保険会社から金額が提示された方。

示談書にサインしてしまう前に、弁護士にご相談ください。
※現在、業務多忙のため、新規のご相談を見合わせ中です。 


名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所 

相談予約専用電話番号
052-533-3555
予約受付:平日のみ10:00〜17:00

※現在、業務多忙のため、新規のご相談を見合わせ中です。
※上記電話番号は、ご予約専用電話です。電話でのご相談は、一切受け付けておりません。
※交通事故の無料相談は、初回30分のみ。交通死亡事故または後遺障害等級がついた件のみです。
※事案の内容によっては、ご相談・ご依頼をお受けしかねますので、予めご了承ください。

 

▲このページのトップに戻る